トップページ > 豆知識 >  キャッシングとカードローン

キャッシングとカードローン


キャッシングもカードローンも、
現金を借り入れする意味ではとても便利
ですね。

しかも、キャッシングでも返済はローン方式という場合もあり、
以前よりラクに返済できる金融機関もあります。

一括返済のイメージが強いキャッシングでも、
分割返済できれば負担も減り、より借入しやすい状況にもなるでしょう。

では、キャッシングとカードローンでは何が違うのでしょうか?
具体的な特徴などについて詳しく見ていきましょう。



■キャッシングの主な特徴


キャッシングとは、
主に金融機関から現金を借り入れ、一括で返済するもの
です。

限度額内で現金を引き出したら、
翌月の支払日に金利を含めた金額を返済しなければなりません。

例えば、銀行のキャッシュカードにキャッシング機能があれば、
同じ口座に返済額を入金することで引き落とし返済ができます。

さらに、クレジットカードでキャッシングした場合でも、
翌月の請求金額に加算されて引き落とされることになるのです。

また、以前はキャッシングした金額は主に一括返済でしたが、
最近では分割返済できるリボ方式が可能な会社もあります。



■カードローンの主な特徴


主に一括返済のキャッシングに対して、
長期間で分割して返済していくのがカードローンの特徴ですね。

例えば、銀行のローンであれば住宅ローンや教育ローンなど、
使用目的がはっきりしているものが良く知られています。

また、自由な目的で使える現金でもカードローンであれば、
返済金額や回数を自分で決められる場合もあるのです。

しかも、限度額以内であれば繰り返し何度でも利用することができます。

毎月返済が可能な金額をあらかじめ設定しておけば、
上手に借り入れして活用することもできる
でしょう。

借入する場合には会社によって条件の違いがあるため、
しっかり調べてから申し込みすると良いですね。



このように、キャッシングとカードローンの違いは、
主に返済方法
にあります。

どのくらいの金額をいつまでに返済するのかによっても、
2つの借入方法を使い分ける必要が出てくるのです。

いずれにしても、
自分に合った借入と返済を計画すれば、とても便利に活用できますね。


では、キャッシングの申し込みをするにはどうしたら良いでしょうか?

具体的な申し込み方法を知りたいと思ったら、
こちらを参考に検討してみましょう。


→ キャッシングの申込みの仕方




目次