トップページ > 豆知識 >  審査基準はどうなっている?

審査基準はどうなっている?


キャッシングを申込みする時やローンを組む時など、
必ずといっていいほど審査がありますね。

そして、金融機関によって審査用の提出書類も異なれば、
年収や勤続年数、過去の借入状況なども関係してくることがあります。

審査は会社それぞれに基準があり、
それを満たして初めてキャッシングできる
というわけなのです。

では、審査の内容とは具体的にどのようなものなのでしょうか?
審査基準について詳しく見ていきましょう。



■審査する意味とは?


キャッシングを申込む時には、誰でも審査が必要になります。

なぜ審査があるのかといえば、
主に、返済能力があるかどうか調べるためなのです。

例えば、年収や勤続年数などが基準に十分であっても、
過去に返済の滞りで問題があれば多くは審査が通らないでしょう。

キャッシングを申込む人に対してしっかり信用情報を調べるのも、
貸し出す側の仕事
なのです。

また、最近では審査基準もずいぶんと厳しいものになったため、
以前より審査が通りにくい状況も増えてきています。



■会社によって違う審査基準


キャッシングは、以前は消費者金融が主流でしたが、
今では信用が厚いとされる銀行系キャッシングが多くなりましたね。

そして、それぞれに審査基準が異なるため、
2~3社の審査で、通るところと通らないところも出てくるでしょう。

また、その中で審査が通った会社に対しては、
「審査が甘い会社」と思ってしまいがちですね。

ですが実際にはその会社の審査基準を満たしているだけであり、
決して「審査が甘い」のではない
のです。

もちろん、過去には審査基準が低い時期もありましたが、
最近では特に、どの会社も信用調査は厳しいものになってきています。



このように、審査基準は会社によっても様々です。

中には、審査なしで融資が受けられるという会社もあるようですが、
後々、金利や様々な問題が発生する可能性も少なくありません。

しっかり審査をしてもらい、自分が返済能力があることを知るのも、
キャッシングをする最低限の条件
になるといえるでしょう。

また、キャッシングは始めは限度額が少なかったとしても、
増額が期待できる場合もあります。


では、限度額を増やすにはどのような条件が必要なのでしょうか?

増額の仕方などが良く分からないという人は、
次のページでその方法を見てみましょう。


→ 限度額を増やす(増額する)には?




目次